集団授業の塾を選ぶ際に確認しておきたいポイント!

進学させたい学校への合格実績があるか

公立の小学校だと大半の子は地元の公立中学に進学するので、私立中学に進学させたいと先生に相談してもどんな勉強をしたらいいのかなど教えてもらえないときもあります。希望の学校への進学を考えるなら塾の利用を検討してみるのが良く、事前にしっかり選ぶ必要がありそうです。集団指導塾は学力毎にクラス分けがされていて、学力に応じた授業を受けられるのが特徴になります。塾を選ぶ上では志望校への合格実績が高いかどうかが重要なポイントで、実績が高ければ進学できる可能性も高くなるでしょう。合格実績が高くなるのは優秀な講師や教材がそろっていてさらに適切なサポートがあるためです。志望校に合格するための情報も豊富にあり、それを知った上で受験に臨めるのもメリットになります。

進学塾か学力補助タイプの塾か

子供が勉強をする上では小学校などの通常の学校に通わせているだけでも十分で、必ず塾を利用しないといけないわけではありません。ただ子供の事情によっては塾に行かせた方がいいときもあり、その時は目的が達せられる塾を選ぶ必要があります。集団指導塾のタイプとして優秀な学校への進学をメインにしているところと学力を補助するのをメインにしているところがあります。進学をメインにしているところは授業のスピードも速く厳しい指導をしてくれるので、志望校への合格も近くなるでしょう。一方学校で勉強が遅れがちの子が行くと良いのが学力補助タイプの塾で、学校よりも丁寧にやさしく教えてもらえます。中学生には高校進学支援もしてくれますが、優秀な高校への進学をメインにしているわけではないので優秀な高校に行きたい子には向きません。