個別指導のメリット

生徒一人ひとりに合った柔軟な授業

個別指導の最も注目すべきメリットは、塾講師と相談することで生徒に合った柔軟な授業設計ができることです。そのため、まず第一に、生徒の理解度に合った授業を行うことができます。授業の進度と生徒の理解度にはずれが生じてしまうので、授業に追いつけていない生徒には苦手なところを丁寧に教えたり、勉強が得意な生徒にはレベルが高い問題に取り組ませたりすることが可能です。保護者や生徒のニーズに合わせて最適な授業を受けられます。また、講師と相談することで授業時間を柔軟に決めることができるのもメリット。集団塾ではクラブ活動や習い事と、塾のどちらかを選ばなければならないことが多いですが、個別であれば両立することもできます。

わからないことはすぐ解決

個別指導のもう一つのメリットとして見過ごせないのが、質問のしやすさ。集団塾では、わかっていないことが他の生徒にばれるのが恥ずかしい、質問で授業を中断して他の生徒に迷惑をかけたくないなどの理由から質問をためらう人が多くいるのが実情です。しかし、わからないことをわからないままにしておくと、授業が一層分からなくなってきます。授業がわからないと勉強の苦手意識につながり、勉強が嫌いになってしまいます。一方、個別指導では1対1なので分からないところがあったら気軽にすぐ質問。講師も生徒の苦手な単元を把握して、より生徒に合った効果的な授業を展開できます。苦手を克服する経験をすることで、勉強も楽しくなるでしょう。