集団授業のメリットは?

助け合える友達ができることで、苦しい勉強も乗り越えられる

勉強とは決して楽しいものではありません。やらなければならないとわかっていつつも気が進まない、苦しい自分との戦いです。そんなときに一緒に頑張っている仲間の存在は、大きな心の支えになりますよね。塾の集団授業では、同じメンバーが週に何回か顔をあわせることで、まるで学校のクラスメイトのように自然に仲良くなっていきます。同じ「勉強する」という目的を持って集まる同士ですから、気がつくと意気投合しているということもよくあります。そんな仲間と得意科目を教えあったり、誘いあいながら勉強することで、モチベーションを保つことができ、精神的に苦しくなる受験前には、特に同じ目標に向かって頑張る仲間の存在は大きな支えになります。

人と競い合うことでモチベーションが上がる

点を伸ばすための勉強は、自分との勝負です。ただひたすら机に向かう時間がながく、勉強の成果を感じるまでにはそれなりの月日が必要となるため、心が折れてしまいそうになることも多々あります。ですが、塾の集団授業の中で仲間の頑張る姿を見ると、自然に闘志が燃え上がって来ます。あの人は昨日もあそこに座って勉強していた、こないだは20点差があったあの人と今回のテストでは5点差だった、など一緒に集団授業をする仲間の姿が目に入ることで刺激をうけるものです。仲間の頑張りを見ることでモチベーションが上がり、クラス全体が切磋琢磨することで成績も伸びやすく、精神的にも前向きに勉強に取り組めます。勉強に必要なのは継続です。続けやすい環境を維持することは、成績を伸ばす大切な要素となります。

人生の進路を決めると言っても過言ではない高校進学を控えているタイミングで、中学生の塾選びはとても重要です