個別指導のデメリット

先生と生徒が合わない場合

個別指導塾のメリットは、きめ細かな指導が出来る点です。いわゆる勉強が苦手な生徒には最適な指導スタイルだと期待されています。その一方でデメリットも存在しており、先生と生徒の相性が不一致だと、学習効果がむしろ下がりやすいです。学習塾で勤務する講師の方々はいずれも学力優秀で指導力にも長けた方々ばかりです。ただ生徒は文字通り十人十色であり、たとえば物静かな生徒の指導に、熱血指導を行う体育会系の講師がつくとお互い性格的な部分が合わず、コミュニケーションが上手く取れません。他にも秀才型の講師は、自分が勉強面で挫折した経験がないため、勉強が不得手な子どもたちの気持ちが分かり難いです。平均以上の学力の生徒を教えるのは大得意だが、勉強嫌いな生徒の指導は苦手という講師がいるのも事実であり、お互いの相性が悪いと効率的な学力アップが望めません。

隠れた個別指導塾のデメリットとは

学力と指導力の両方に長けた良い先生が、担当になれば生徒の学力はめきめきと上昇します。今まで勉強嫌いだった生徒が、短期間でクラスの成績上位グループに入る、という事も夢ではありません。その反面、良い先生の存在が時として、生徒の自立を阻害するデメリットもあります。皮肉な事に講師の指導があまりにも良すぎると、生徒がその手腕に依存したり、先生個人に大きな信頼を寄せ過ぎてしまいます。学習塾で働く講師はあくまで普通の労働者でもあり、突然の転勤や本人都合による退職や休職もあり得ます。生徒があまりにも一人の講師に頼り過ぎると、その方が塾を離れただけで、成績や勉強への意欲が極端に落ち込みます。自発的な学習意欲が育ちにくくなるのが、個別指導の隠れたデメリットです。